【中古車】先代クラウンはおおむね順調な値落ちも、マジェスタだけは台数少なく値上がり中

2018年6月26日にフルモデルチェンジを行い、15代目となる新型クラウンが登場しました。フルモデルチェンジを行うと活気が出るのが中古車相場。早くも先代クラウンの中古車相場に動きが出ています。

新型クラウンの注目のポイントの一つとして、従来あったロイヤル、アスリート、マジェスタというモデル分けをやめ、一つのモデルに統一したことが挙げられますが、先代のクラウンの中古車相場の現状は、ロイヤル、アスリート、マジェスタというモデルごとに紹介します。

まずは、予想外の動きを示したマジェスタからです。

2013年9月に先代クラウンマジェスタは登場。これまではクラウンとはボディが異なる上級モデルでした。しかし先代からはクラウンの1モデルとなり、ロイヤルをベースにホイールベースを延長したショーファー仕様となりました。

先代クラウンマジェスタの中古車の流通台数は82台とかなり少なめ。価格帯は219万~588万円。平均価格は3カ月前が370万円で、6月下旬に一旦345万円まで値落ちしましたがその後反発。現在は360万円まで値を戻しています。

フルモデルチェンジを行うと、ディーラーの在庫だった低走行の高年式車が出回り相場が値上がりすることがあります。しかし、マジェスタはこのパターンではなく、2015年式以降の中古車物件が揃って値上がりしたことが値上がりの要因となっています。マジェスタのグレードは3種類ありますが、オススメは後席重視の3.5HV Fパッケージです。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事