新型ポルシェ・911、11月デビューに向けて完熟ボディでニュル出現!

ポルシェ・911の次世代型(992型)最終開発車両が、ニュルで高速テストを開始しました。2015年に最初のプロトタイプを目撃して以来、ついにここまで完成しました。

992型には新世代スポーツカー・モジュラープラットフォームを採用し、約40mmのトレッド拡大とホイールベースの延長が予想されています。テープのみで隠された新型ボディのフロント部には、滑らかなフロントノーズ、少し傾斜の強くなったAピラー、スクエア基調のコーナーエアダクト、2本のプレスラインが入ったボンネットフードなどが確認できます。また後部にはカモフラージュされた「タイカン」風のラップアラウンド・テールライトが見て取れます。

パワートレインは最高出力390psを発揮する3リットル水平対向6気筒ターボエンジンを搭載するほか、2021年には最高出力420ps程度を発揮する初のPHEVモデルも投入することが確実視されています。キャビンには12.3インチディスプレイを備える「アドバンスコックピット」を搭載、タコメーター以外は全てデジタル化されます。

ワールドプレミアは、11月のロサンゼルスモーターショーが最有力とされていますが、この完熟ボディを見る限り、発表の準備は万端のようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型「トヨタ・スープラ」にはモータースポーツ用ライトウェイトモデルも設定。公道仕様も開発中!?
新型・フェアレディZが開発中! コンセプトモデルが2019年東京モーターショーに登場の噂
新型ポルシェ・911、オレンジのプロトタイプも走った!「PCCB」装着モデルを発見
これぞ究極のMINI。300psを発揮する「JCW GPコンパクト」、600万円で市販か!?
X3とは違うモデル! BMW初のEVクロスオーバー「iX3」市販型はオリジナルフェイスを採用