日産と産総研の共同研究でわかった「ワンペダルは楽しい」

日産・ノートが2018年上半期の登録車販売のトップとなりました。シリーズハイブリッドとして電動フィーリングを味わいつつ、充電ではなく給油によるエネルギー補給という手軽さがうけているという見方もあります。ノートにつづくトップ3はトヨタのアクア、プリウスです。電動化が売れる要素といえるのかもしれません。

タイミングよく、日産と国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下、産総研)が興味深い共同研究の成果を発表しました。

テーマは『ペダル操作の違いが運転者の心理状態を脳活動に及ぼす影響』というもの。産総研の自動車ヒューマンファクター研究センターが中心となり、ノートe-POWERを用いて、この研究は行なわれました。

ノートe-POWERといえば、アクセルペダルだけで加減速がコントロールでき、停止までできる「ワンペダル操作」を可能しているのが特徴です。実際、市街地でのABペダルの踏み変えが約7割減るというのがセールスポイントです。これは国産他メーカーにはない日産だけの特徴で、その違いは運転の楽さにつながると日産はアピールしています。そこで、ワンペダルをドライバーがどのように感じるのかを産総研と共同研究したわけです。

実験に参加したのは12名で、うちわけは男性6名(22歳〜55歳)、女性6名(24歳〜54歳)。いずれも日常的に運転をしていて、なおかつ特別な訓練を受けていない一般ドライバー。

運転感覚の新鮮さを可能な限り排除するため各人が6時間という長い時間をかけて、一般道においてノートe-POWERを2ペダルモードとワンペダルモードを交互に運転。そのときの脳波や眼電図、心電図といった整理指標を計測することで、客観的にワンペダルと2ペダルで操作時の違いを明確にしようというわけです。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。