0-100km/h加速は4.1秒!アウディ・新型「RS Q3」、ニュルを疾走

アウディのコンパクト・クロスオーバーSUV「Q3」の高性能モデル、「RS Q3」次期型プロトタイプが、ニュルで高速テストを行いました。

捉えた開発車両はこれまで目撃した「SQ3」と区別が難しいですが、フロントホイールには「SQ3」テスト車両より大型のブレーキキャリパーが見て取れます。またワイドグリルには「AMG」パナメリカーナグリルを彷彿させる縦スラットを装着し、左右コーナーには大型エアインテークを装備しています。さらにルーフスポイラーやクワッドエキゾーストパイプも特徴的といえます。

「Q3」シリーズ新型のプラットフォームには、VWグループ最新アーキテクチャ「MQB」を採用し、約50kgの軽量化を図ると共に、ホイールベースは50mm、全長は60mm、全幅は50mm拡大されるとレポートされています。また室内では、デジタル・インストルメント・クラスタと大型ディスプレイを備えるコックピットも見て取れます。

アウディは昨年、「RS Q3」の高性能モデル「RS Q3 パフォーマンス」を発売しました。「RS3」から流用する2.5リットル直列5気筒直噴ターボエンジンを搭載し、最高出力は367ps、最大トルク465Nmを発揮します。しかし次期型では、さらなるブーストアップが見込まれ、最高出力400ps、最大トルク480Nm、0-100km/h加速は4.1秒以下とも噂されるスーパーSUVが予想されています。

「Q3」新型は、10月のパリモーターショーで登場すると予想されており、その後「SQ3」2019年3月のジュネーブモーターショー、「RS Q3」は2019年内と伝えられています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

BMW X6の次世代型を初スクープ 波打つテールライトなどでスポーティ感を演出
初の電動化で700ps超え アウディ・RS7 新型、ロールケージ備えたプロトタイプがニュルで過激テスト
BMW iシリーズの最新作 新時代EVの「i4」市販型はテスラを凌駕する航続距離を実現
販売終了したVW・ビートル、次世代型はEV、しかも4ドアで復活の噂
ブガッティ史上最強モデルは6億4千万円!「シロン ディーボ」が8月に正式発表

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事