2013年パイクスピークはローブ&プジョーが圧倒的なコースレコードを樹立【動画】

日本からの電気自動車でのチャレンジ勢が話題を集めた2013年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムで総合トップタイムを叩き出したのは、大勢の予想通り、あのドライバーと、スペシャルマシンのコンビとなりました。

pikes-peak 208t16-sance-essais-qualificative-3

9度のWRCチャンピオンに輝いた、まさに現在進行形のレジェンドといえるセバスチャン・ローブ選手が、プジョー208 T16 パイクスピークで挑んだパイクスピーク。全長約20kmのヒルクライムを平均速度145km/hで走り切ったのです。

そのフィニッシュタイムは8 分13秒878。過去のコースレコードを1分半も縮める圧巻のタイムでした。 

YouTube Preview Image

ダイジェスト映像がWRCオフィシャルチャンネルにより公開されています。 

リスクを避けて”勝てる”タイム に抑えるということをせず、限界のハードアタックを敢行したというローブ選手。「F1よりも鋭く加速し、ル・マンを走るWECマシン同等のダウンフォースを持ち、そしてラリーカーのようなアピアランスを持つ、スーパーマシン『プジョー208 T16 パイクスピーク』を楽しんでアタックできた」というのも、ナインタイムス・チャンピオンだからこそだったといえそうです。 

pikes-peak 208t16-finsh

プジョーの公式チャンネルでは、コースレコードを生み出す一挙手一投足を確認できるノーカット映像も公開。こちらも必見です。

YouTube Preview Image

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事