伝説が復活!アストンマーティン「DBS」にオープンモデルを設定へ

アストンマーティンの新フラッグシップ・クーペ「DBSスーパーレジェーラ」の派生モデル、「ヴォランテ」開発車両を再びカメラが捉えました。

捉えたテスト車両は、フロントスプリッターやサイドスカート、大型ブレーキキャリパーなど高性能モデルらしいエクステリアが見て取れます。またメッシュのラジエーターグリルにはナンバープレート・ブラケットとして機能する水平バーを備え、ローダウンしたボディにリアディフューザーや大小の口径を組み合わせたクワッドエキゾーストパイプなど、かなりスポーティなルックスです。

室内には、カーボンファイバーのエアコン吹き出し口、インフォテインメントシステム用のメルセデス製ソース・ロータリー・コントローラーを装備します。

パワートレインは、5.2リットルV12型ツインターボエンジンを搭載。最高出力700ps以上が予想されていましたが、最新レポートでは、630psから700psと幅を持たせて予想しています。いずれにしても、これは先日発表された「DB11 AMR」の630psよりも同等以上の強力エンジンで、世界最速の量産型オープンモデルの誕生となるかもしれません。

「ヴォランテ」のワールドプレミアは、2019年になりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

名車「ディーノ」が復活か!? フェラーリのV6ハイブリッド開発車両をスクープ
アウディ・Q4のハイパフォーマンスモデル「RS」を初キャッチ。420馬力のガソリンエンジンを搭載
年内にも初公開? BMW・M8ファミリーの第3弾、630馬力の「グランクーペ」をキャッチ
フォルクスワーゲンの次世代EV第1弾の名称は「ネオ」!?
スピードテールは「F1」後継ではなかった!? ゴードン・マレー氏がV12搭載モデルを開発中

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事