トヨタがミライの技術を使ったFCトラックを開発。セブン-イレブンとの共同プロジェクト開始

コンビニ業界のみならず小売業大手でもあるセブン-イレブンと自動車業界の巨人トヨタ自動車が、CO2の大幅削減を目指してタッグを組んだのは2017年8月。そして生まれたのが、燃料電池(FC)を動力源とする冷蔵・冷凍トラックです。

コンビニエンスストアは24時間フレッシュな商品を並べるべく、一日に何度も商品が配送されています。とくに冷蔵・冷凍トラックは、クルマを動かすだけでなく、商品を冷やすためにもエネルギーを使うため、多くのCO2を排出してしまう傾向にあります。そこで、トヨタと共同で生み出したのが、このFCを使う冷蔵・冷凍トラックなのです。

すでにセブン-イレブンでは電気自動車のトラック(三菱ふそう製)を採用するなど配送車両の電動化比率を高めているということですが、その未来を切り開く新たな一手となる可能性を大いに秘めている一台です。

『トヨタ自動車』の最新記事
GRヤリス RZ“High performance”
GRヤリスのラゲッジスペースは狭い? いや、結構使えるサイズだった
トヨタの新型SUV「アーバンクルーザー」が120万円で登場。スズキとの協業で実現
トヨタ クラウンが「クーペルック」のSUVに生まれ変わって2022年に登場!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事