トヨタとスズキ、新たな共同プロジェクトに向けた協議を開始すると発表

インドでの車両相互供給などで既に協力関係にあるトヨタ自動車とスズキ。両社は5月25日、新たな共同プロジェクト(開発・生産・市場開拓等)のための協議を開始すると発表しました。

今回、協議されるプロジェクトは以下の3点となっています。

① スズキの「小型超高効率パワートレイン」開発をトヨタとDENSOが技術支援
② スズキの開発車をトヨタのインド工場(TKM)で生産、両ブランドで販売
③ インド工場で生産したスズキの開発車をアフリカの両社販売網で販売

今回の協業に際し、豊田章男社長は「インド市場にいち早く出たスズキから、自ら創造する未来に向けた精神を学びたい」としており、また鈴木会長は「非常に重要な小型超高効率パワートレインの開発に支援頂けて心から感謝したい」とコメント。

トヨタ、スズキ両社は今回の共同プロジェクトにより、これまでの協業からさらに一歩踏み込んだ協力関係へと発展することになりそうです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

スズキ4代目「ジムニー」、さらにスクエアになって7月上旬発売か?
https://clicccar.com/2018/05/16/589890/

スズキ、世界販売で初の300万台突破!2018年3月期の純利益が35%増に
https://clicccar.com/2018/05/13/588967/

スズキ・スイフトが「世界で最も都市に似合う車」に選出
https://clicccar.com/2018/04/03/574607/

スズキが2020年のEV発売に向け、インドで駆動用バッテリーの量産準備へ
https://clicccar.com/2018/02/17/560043/

スズキ、2020年に発売予定のEVで駆動用モーターを同社初の内製化へ
https://clicccar.com/2018/02/16/559571/