スズキ、2020年に発売予定のEVで駆動用モーターを同社初の内製化へ

スズキがEV用駆動モーターの内製化(同社初)に向けて動いているようです。同社はこれまでHV用の駆動モーターについてはDENSOから調達していましたが、EVではモーターを内製化することで、性能・コスト面での競争力を高めるのが狙い。

日刊工業新聞によると、既に試作を進めているそうで、2020年にインドで発売するEVに内製モーターを搭載、トヨタにも供給する計画のようです。また、ほぼ同時期の発売が予想される国内向けEVについても内製モーターを搭載する模様。

ちなみにトヨタではHVやPHVの大部分に内製モーターを採用しており、EVで先行する日産も新型「リーフ」に横浜工場で生産したモーターを搭載するなど、自動車メーカーが駆動用モーターを内製するケースが目立っており、今回スズキも追随。

スズキはインドの新車市場で50%近くのシェアを握っており、トヨタ自動車の協力を得てインド政府が掲げる製造業の育成計画「メイク・イン・インディア」をEVで実現する考えのようで、今回のモーター内製化への動きもその一環とみられます。

Avanti Yasunori・画像:SUZUKI)

【関連記事】

業績好調のスズキ、2020年を皮切りにインド市場のEV化を牽引へ
https://clicccar.com/2017/12/02/536679/

スズキ、トヨタとの協業で2020年を目処にインドでEV生産!トヨタにも供給
https://clicccar.com/2017/11/28/535481/

ホンダN-BOXに対抗!スズキが次期「スペーシア」の予防安全機能を大幅充実
https://clicccar.com/2017/11/09/530129/

スズキ、2017年9月中間決算で過去最高の業績を記録。今期予想を上方修正
https://clicccar.com/2017/11/06/528734/

トヨタEV連合にスズキが参加の動き
https://clicccar.com/2017/10/02/516809/