【SUPER GT2018】HONDA NSX GT3が第2戦・富士500kmで8位入賞。初のポイントゲット!

ゴールデンウィーク終盤の5月3~4日に富士スピードウェイで開催された、SUPER GT 第2戦「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km RACE」。4日は約5万5千人の来場者が見守る中、決勝レースが行われました。

前日の3日、濃い霧でスケジュールが変更され予選がアタック1回となったことがウソのような晴れ渡る快晴となった決勝レース。暫定で予選12位、上位にペナルティがあったためにひとつ繰上げとなった11番グリッドからスタートしたHONDA NSX GT3「Modulo KENWOOD NSX GT3」。

グリッドには総合格闘家の小川直也さんも激励にくるというサプライズもあって、チームの雰囲気も上がり調子!

前戦の岡山では惜しくもリタイアを喫してしまったModulo KENWOOD NSX GT3ですが、ここ富士ではいい意味で和やかな空気が流れています。

スタートドライバーはルーキーの大津弘樹選手。この富士の直前4月29日に開催されたピレリスーパー耐久2018第2戦SUGO3時間レースで、2連勝を飾るという強さを持っている大津選手、SUPER GTで2番目に長い500kmという距離を2スティント走るという大役を背負います。

最高のスタートを見せた大津選手はオープニングラップから猛プッシュで前へ前へと走り出します。そして6周目にはなんと6位までポジションアップ! それこそ大ベテランに後塵を浴びせながら一気に5台抜き。ルーキーとは思えないその走りにパドックやチームのホスピタリーブースでは大歓声が上がります。

大津選手は、そのまま1分38秒台中盤のタイムをキープしながら上位陣に食らいつき、6位の順位を守りながら周回を重ねていくのです。