レクサス・CT次期型、初のEVモデルでテスラ「モデル3」をターゲットに!

レクサスのCセグメント・ハッチバック「CT」が初のフルモデルチェンジを行うという情報を入手、それに伴い予想CGを製作しました。

次期型では、トヨタの最新アーキテクチャ「TNGA」(トヨタ・ニューブローバルアーキテクチャ)のレクサス版「GA-C」プラットフォームを採用し、若干ボディサイズが拡大すると見られます。

製作したCGは、超立体的プレスラインを取り入れて躍動感をアップ、フェンダーに独自の張り出し感を持たせました。リアウィンドウは現行モデルより寝かしクーペルックに。フロントマスクには、やはりスピンドルグリルが継承されますが、クリアー部をプラスし、二段構造で新たなイメージを強調。ブーメラン型LEDはグリルからサイドまで伸ばしスポーティさもアップしています。

ハイライトはそのパワーユニットです。次期型では、プリウスから流用される1.8リットル直列4気筒+電気モーターのハイブリッドと、EVをラインアップする可能性があるようです。EVをメインにしてテスラ『モデル3』をターゲットとすると噂されます。

「CT」は2009年に「LF-Ch」コンセプトとして初公開され、その後2010年に欧州、2011年に日本で発売されました。2017年には改良型が登場していますが、フルモデルチェンジはこれが初となります。

ワールドプレミアは2019年内のモーターショーで発表される可能性が予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

3月デビューの新型・アウディ「RS7」、超加速力を雪中で披露
メルセデス AMG CLA「35」vs「45」!最高出力300馬力&400馬力オーバー
新型・日産デイズ/三菱eKワゴンに続報。航続280kmのEVも設定?
メルセデス・ベンツ Eクラス セダンが大幅改良へ。367馬力のマイルドハイブリッドも
登場は2020年! プジョー最小の新型クロスオーバーSUV「1008」の開発車両をキャッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事