新作「STI鍛造ホイール」ついに市販化! レヴォーグSTI Sportsに装着され披露【モーターファンフェスタ2018】

モーターファンフェスタ2018の9番PITにはSUBARU/STIブースが出展され、SUPER GT BRZ GT300のモックアップやBRZ STI Sport STI Performanceパーツ装着車、レヴォーグSTI Sport STI Performanceパーツ装着車が展示されていました。

展示されているレヴォーグSTI Sportには新作の鍛造18インチホイールが装着されていました。このホイールは、東京オートサロン2018で参考出品として初公開されたもので、いよいよ市販化されました。

今回レヴォーグに装着されているSTI製鍛造ホイールは18インチのリム幅8.0Jでインセットは+53。PCDは114.3で推奨タイヤサイズは225/45R18と、レヴォーグに最適なホイールとなっています。

軽量ホイールの名門RAYSとの共同開発により、ディスク面、スポーク、リムの各所にスバル車の特性に合わせた特別な剛性チューニングを施した鍛造アルミホイールで、特にリムには特殊な加工が施され軽量ながら高い剛性を確保。

重量は1本当たり約8.7kgと軽量で、ばね下荷重低減により運動性能や乗り心地を向上をさせているそうで、過酷なサーキット走行といったシーンでも気持ちの良い走りを実現しているとのこと。

特に限界領域での路面追従性が鋳造ホイールよりも高く、タイヤをこじって走るようなシーンで大きく違いが出るそうです。

カラーは ダイヤモンドブラック 、ガンメタリック の2色を設定し、価格は1本あたり7万8000円(税抜き)と、鍛造ながらリーズナブルなプライスも魅力です。

(井元 貴幸)

【関連リンク】

STIパフォーマンスホイールセット 18インチ 8.0J
https://www.sti.jp/parts/levorg_vm/wheel/ST28100VV400/

『SUBARU』の最新記事

GT300 BRZが2019年モデルに進化。「タイヤに無理をさせない」ことでシリーズ制覇を目指す
STIが2019年ニュルブルクリンク参戦マシンを公開シェイクダウン。富士スピードウェイで本気の走りを披露
STI30周年イベント・STI MOTORSPORT DAYでニュル参戦マシンがシェイクダウン!
秘密兵器は鮫肌塗装!? ニュルブルクリンク24時間レースのクラス連覇を目指すSTI WRXマシン【STI MOTORSPORT DAY】
ファンとの「直接対話ができる場」で明かされた、スーパーGT・GT300クラスのシリーズ制覇に向けた取り組みとは?【STI MOTORSPORT DAY】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事