ホンダが中国専用EVのコンセプトモデルをワールドプレミア【北京モーターショー2018】

4月25日〜26日のプレスデーを皮切りに、4月29日〜5月4日まで一般公開される2018年の北京モーターショー。ホンダは中国専用電気自動車(EV)のコンセプトカーを世界初公開すると発表しました。

中国の四輪生産販売合弁会社である広汽本田汽車は、同社初となるEVの発売を2018年に予定していて、今回はそのコンセプトカーを展示。そのほか、市販車としてアヴァンシア、ヴェゼル、アコード、クライダー、オデッセイ、シティ、フィットが登場します。

中国でのEV販売は、一般ユーザーはまだまだ手を出していないという指摘もありますが、国策としてEVの普及を推進しているという現状がありますから、EVの品揃えは今後ますます不可欠になりそうです。

さらに、4月16日に中国で発表された新型「ACCORD(アコード)」のハイブリッドモデルも初出展されます。東風本田汽車からは、新型セダンのコンセプトモデルを出展。市販車では、UR-V、XR-V、シビック、スピリア ハイブリッド、GIENIA(ジーニア)、エリシオン、ジェイドが登場。

高級ブランドのAcura(アキュラ)からは、世界初公開の「CDX ハイブリッド」や、中国初公開となる新型「RDX」のプロトタイプが展示されます。

二輪車では、大型FUNモデルの販売チャンネルである「Honda DreamWing」のブースが出展され、フラッグシップモデル「GL1800 Gold Wing」が中国で初公開されます。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。