2020年市販化か!? インフィニティ Q60ブラックS改良型が10月公開の噂

日産が北米を中心に展開するブランド、インフィニティの高性能モデル「Q60 ブラックS」改良型が、10月のパリモーターショーで初公開される可能性があることが分かりました。

「Q60 ブラックS」のパワートレインは、3リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は500ps以上と見られます。0-100km/h加速は4秒で、ライバルのメルセデス「AMG C63S」のV型ツインターボとほぼ同じパフォーマンスを発揮します。ハイブリッドパワーユニットにはルノースポールF1チームとのコラボにより、F1技術「ERS」(エナジー・リカバリー・システム)を採用、回収されたエネルギーを再配備し、電力とトルクを増強します。

市販モデルでは、軽量化を図るカーボンファイバーのボディ、ステア・バイ・ワイヤ、強力なダウンフォースを生むエアロパーツなどにより、躍動感のある攻撃的エクステリアが予想されます。右ハンドル用に設計され2020年に発売とレポートされています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型「トヨタ・スープラ」にはモータースポーツ用ライトウェイトモデルも設定。公道仕様も開発中!?
新型・フェアレディZが開発中! コンセプトモデルが2019年東京モーターショーに登場の噂
新型ポルシェ・911、オレンジのプロトタイプも走った!「PCCB」装着モデルを発見
これぞ究極のMINI。300psを発揮する「JCW GPコンパクト」、600万円で市販か!?
X3とは違うモデル! BMW初のEVクロスオーバー「iX3」市販型はオリジナルフェイスを採用