歴代RX-7の開発秘話! ロータリーひと筋を貫き通したサムライ開発者が語り尽くす【マツダのレジェンドに学ぶ・第2回】

山口京一さんの、山本健一さんの足跡をたどるコーナーが駆け足で終わったあとは、御一方ずつのトークが始まりました。まずおひとりめは小早川隆治さんです。

大学三年のときにちょうど、前述のNSU、ヴァンケル研究所、マツダとのロータリー開発のニュースを知った小早川さんは衝撃を受け「ここしかない!」と東洋工業(現マツダ)への入社を決めたそうです。新幹線のなかった当時、東京出身の小早川さんは特急あさかぜで12時間かけ広島へ向かったそうです。そして念願かなって1963年に入社後、ロータリーエンジン研究部に配属されました。

プロジェクトXなどで話題となった「ロータリー四十七士」のつぎの世代にあたるそうです。

当時は、社長であった松田恒次さんの情熱、そして山本健一さんのリーダーシップが、当時のマツダを牽引していたといいます。

実験の部署につとめながら、ロータリーエンジンの改良にいそしむ日々を送ります。

「悪魔の爪痕」としてのちに語られるローターハウジングへのダメージ、そして「カチカチ山」と例えられた排気管からもうもうとあがる煙、「電気あんま」と呼ばれる振動。当時のロータリーに起こりうるさまざまな困難を技術で乗り越えていきました。なかでも、カーボンアペックスシールの開発は、気の遠くなるほどの試験を繰り返しました。

市販ロータリーを搭載したのがコスモスポーツという大英断は、いまでも心に残っているそうです。

『マツダ』の最新記事
マツダ 6
マツダらしい「人馬一体感」を味わえるFF系スポーティセダンの真骨頂【MAZDA6試乗記】
高齢者体験08
最新マツダ車が採用するオルガンペダルは高齢者のペダル踏み間違い防止にも効果あり!
マツダ3ファストバック
人間中心のドライビングポジションがクルマを安全に走らせる要だ!【新車】
もみじ饅頭
創立100周年のマツダがもみじ饅頭とコラボ! 歴史を飾った名車の特製カード付き!
マツダ CX-30
シティ派クロスオーバーSUVの「CX-30」をタフな林道コースで走破してみた【マツダSUVオフロード試乗会】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事