トヨタ・ヴィッツがマイナーチェンジ。特別仕様車「スマイルエディション」追加&RSの5MTグレードも健在!!

特別仕様車 F“SMART STOPパッケージ・Smile Edition”(ライトパープルマイカメタリック)

2012年5月9日、トヨタのベーシックコンパクト、ヴィッツのマイナーチェンジが行われました。

今回の改良点は内装中心。センターレジスターノブに、めっき加飾(「F」グレード以外)を施したほか、「F」および「Jewela」のメーターにシルバー加飾を追加しています。また「Jewela」にはドアミラーとアウトサイドドアハンドルをシルバー加飾でドレスアップできる専用オプション『シルバーデコレーショ』限定のボディカラーとして、新色のグレイッシュブルーマイカメタリック、オレンジマイカメタリックを設定しています。

なおスポーティグレードの「RS」は健在で、5速MT車もラインナップに残っています。

さらにマイナーチェンジに合わせて登場した特別仕様車が“Smile Edition”です。

「F」グレードをベースに、スマートエントリー&スタートシステムとスーパーUVカットガラス(フロントドア)を装備しています。1.3リッター車にはオートエアコンを特別装備しています。そのほか盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)、助手席シートアンダートレイ、買い物アシストシート(助手席)などを採用しました。

ボディカラーは特別色のライトパープルマイカメタリックを含む全6色。内装ではシート表皮色を専用のダークグレーとしたほか、 めっき加飾のシフトレバーや高輝度シルバー塗装を施したステアリングホイールなどを採用しています。

ベースとなった「F」グレードとの希望小売価格の差は1.0リッターで5万円高、1.3リッターで7万5000円高となっていますが、装備内容を考えると、ずいぶんお得といえそうです。また、この特別仕様車はSMART STOPパッケージ(アイドリングストップ機構)にも設定されています。

ヴィッツ標準車の希望小売価格は107万円〜180万円。特別仕様車「スマイルエディション」の希望小売価格は125万5000円〜156万4000円となっています。

■TOYOTA、ヴィッツを一部改良―同時に、特別仕様車F“Smile Edition”を発売―
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/12/05/nt12_023.html

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。