新型フォレスター登場直前!歴代モデルをマニアックに振り返る

いよいよ5代目となる新型フォレスターのワールドプレミアがカウントダウンに入りました!そこで、今回はマニア目線で歴代モデルを振り返ってご紹介します!

初代フォレスターは1995年11月の東京モーターショーにコンセプトカー「スバル・ストリーガ」として出展され、1997年2月に初代インプレッサのシャシーをベースに新コンセプトのSUVとして登場しました。

当時はまだSUVというジャンルもまだ定着していなかった頃で、最低地上高200mmというロードクリアランスをもつフォレスターは、既に発売されていたレガシィのSUV仕様であるグランドワゴン(後のアウトバック)の弟分として全車ターボモデルのラインアップとなっていました。

初代フォレスターは登場前の1996年10月に24時間世界速度記録にチャレンジ。インディアナポリスモータースピードウェイにて平均速度180.082km/hをマークし当時の24時間世界速度記録(T-1クラス)を達成しました。ちなみに、この時のドライバーの一人としてニュルブルクリンク24時間レースの総監督としても知られる辰己 英治氏もステアリングを握りました。

また、オハイオ州にあるTRCテストコースで1キロの世界速度記録にも挑戦。233.341km/hを記録し、こちらも世界速度記録(T-1クラス)として認定されました。

このように、ラフロードだけでなく、オンロードでも高いポテンシャルを発揮したフォレスターは瞬く間に人気モデルとなり、レガシィ、インプレッサに続くSUBARUの看板車種として認知されるようになりました。

その後、2.0LのNAモデルを追加。MT車には悪路で高い走破性を発揮するデュアルレンジ式5MTを採用。さらに、豊かなトルクでゆとりのある走りを実現した2.5L NAエンジン搭載車も追加設定されました。

また、走りの性能にさらに磨きをかけたSTIバージョンもラインアップ。副変速機を備える本格オフロード向けMT仕様からオンロードをメインに快適に走れる仕様まで幅広くラインアップされました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事