【ジュネーブモーターショー2018】ポルシェがEVツアラーの「ミッションEクロスツーリスモ」を世界初公開

いまやカイエンやマカンといったSUVが稼ぎ頭になっているポルシェ。もちろん、プラグインハイブリッドなどの電動化車両に対しても抜かりない姿勢を示しています。

今回のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされた「ミッションEクロスツーリスモ」は、電動駆動のクロスオーバーユーティリティビークル(CUV)のコンセプトスタディという位置づけ。

同コンセプトカーは、2015年にフランクフルトモーターショーで初公開されたスタディモデルである「ミッションE」の派生モデルになります。

アクティブなライフスタイルを送る人に向けて提案された4ドア4シーターの「ミッションEクロスツーリスモ」は、4WDによる全天候型モデルであり、フレキシブルなラゲッジは、多彩なスポーツ用具を積み込むための広大なスペースが確保され、最新のマウントシステムによってサーフボードやポルシェ バイクの積載も容易にできるそう。

全長4.95mのボディに、800Vの急速充電ネットワークに対応しており、「ポルシェ ホームエネルギーマネジメントシステム」など多彩な充電フォーマットに対応するとしています。

なお、リチウムイオンバッテリーへの充電時間はわずか15分で、約400kmの航続距離(NEDCに基づく)が確保されるそう。

このコンセプトカーは、移動中と自宅の両方でフレキシブルな充電が可能で、イオニティ合弁事業によって欧州の道路に設置される急速充電ネットワークに対応。さらに、「ポルシェ ホームエネルギーマネジメントシステム」は、自宅の太陽光発電と組み合わせると太陽エネルギーを使用して充電することも可能だそうです。

ポルシェだけにパフォーマンスも気になります。2つのモーターを搭載する「ミッションEクロスツーリスモ」は、600PS(440kW)を超えるシステム最高出力を発生し、0-100km/h加速タイムは3.5秒未満、0-200km/h加速タイムは12秒以下。

さらに、EVでは前例のない連続的な出力レベルが加わるとのことで、性能を損なうことなく連続して何回も加速を開始することが可能としています。「ポルシェ トルクベクトリング」を備えたデマンド制御4WDは、トルクを自動的に各ホイールに分配されます。

そのほか、4輪操舵システムが装備され、俊敏性と安定性を両立。アダプティブエアサスペンションにより50mmまで車高を上げることができ、「ポルシェ ダイナミックシャシー コントロールシステム(PDCC)」により、コーナリング時のロールを抑制し、起伏の激しい地形で横方向の安定性を改善するなど、ポルシェ最新のシャーシが与えられています。

(塚田勝弘)

『ポルシェ』の最新記事

【ロサンゼルスオートショー2018】最良最新のポルシェ・911を発表。従来型の違いは……よくわからない⁉
憧れのドライバーになるチャンス!? ポルシェジャパンが発表した「ポルシェ Eレーシング ジャパン」とは?
【ロサンゼルスオートショー2018】8代目(992型)ポルシェ911が登場。パワーアップと同時にポルシェ初の「ウェットモード」を用意
【新車】ポルシェ・パナメーラ/パナメーラGTSスポーツツーリスモの予約受付が開始
【新車】ポルシェ・マカンの日本価格が正式発表。うれしい「据え置き価格」で699万円〜

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事