ホンダ・CRF250 RALLYが黒に染まる!ニューカラーは前から噂されていたコイツだった

ホンダ・CRF250 RALLYは小排気量アドベンチャーモデルの火付け役と言えるモデル。250らしからぬデカさと独特なデザインから人気を呼びました。

2018年モデルはニューカラーが加わりました!

今回新たに追加されたブラックカラー。発売当初のカラーは真っ赤なド派手色でカッコ良かったんですが、このカラーは派手過ぎて乗れない、という方も。

そんな声に答えて今回のカラーはかなり落ち着き目。合わせる服も自由度が高く、一味違った一面が見えるカラーです。

実はこのニューカラー、去年のモーターショー2017でホンダブースに展示されていたモデル。他の車種に発売の予定はありませんでしたが、RALLYのブラックだけは市販予定とのことでした。

こうやって見るとレッドカラーの明るい色が全部ガンメタ、ブラックに置き換わった感じ。これなら合わない場所のほうが少ないってレベルの完成度です。乗りたい人増えるんじゃないでしょうか?

乗りたいけど足が付くか心配、という方もいると思います。170cm(足短め)の僕が跨っても一応両足は付きましたが、典型的なオフロードバイクの高さ。

そんな人でも安心して乗れるように、ローダウンモデルもあります。スタンダードに比べてシート高が65mmも低くなっているので安心。誰でも乗れる落ち着いたアドベンチャーバイクとなったわけです!

発売日は2018年3月2日(金)から。発売当初からのレッドもあるので2色展開となっています!

ようやく各メーカーから250のアドベンチャーモデルが続々と出てきましたが、これはオフロードバイクのCRFがベースとなっているので他車のアドベンチャーとはちょっと違うんです。

ガチで林道とか冒険に出かけたい!けどオンロードも走るからなぁ…という方はジャストミートでこれがオススメ。色々な遊び方ができて楽しいバイクですよ!

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事