走行距離わずか370km…新車のOPTION300ZX、バラバラ事件!? その2【OPTION 1983年12月号より】

OPTIONホットマシンとして投入された300ZX。まずは!のファーストDaiインプレッションは「その1」をチェックしてくださいね。

で、今回その2では……ちょっと~なにやってんの!? やだ~もったいない!! なんと、新車の300ZXをバラバラにしてしまいました!! しっかし、バラバラ作業をするトラスト大川さん(当時)のなんて嬉しそうな顔! では、掲載された記事と、写真&キャプションをアップにし、ジックリとご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やったぜ! 新車の300ZXをバラす フルチューンへの道は徹底分解から開始

「え! 本当にバラバラにしちゃうの。もったいない」トラストのMr.大川が驚いた。「でも楽しそうだね。オレ、バラすの好きなんだ。あとは知らないよ」。

新車価格320万円。走行距離わずか370kmのニューカーは、こうして解体への泥沼に沈んでいった。おそらく二度と原型には戻らないだろう。しかし、2代目OPT・Zは最初からギンギンでいくことにしている。フルチューンカーの恐ろしさや、テストの過酷さは初代Zで経験している。このノウハウを生かさねば意味がない。

『Play Back The OPTION』の最新記事

昭和(ほぼ)唯一の国産ミッドシップ「MR2」ゼロヨン仕様が熱かった!【OPTION 1986年5月号より】
85年の富士500マイルレース、OPT・トラスト・RE雨宮…3車3様それぞれのレース模様【OPTION 1985年10月号よりその4】
令和元年「フェアレディZ」生誕50周年記念、レーシングZ31・OPT号はこんなでした~!【OPTION 1985年10月号よりその3】
耐久レースで戦うRE雨宮RX-7がカッコイイ!【OPTION 1985年10月号その2】
元祖「GRスープラ」!? のセリカも走っていた耐久レースはハコ車クラスが面白い!【OPTION 1985年10月号その1】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事