「日常で使える」ランボルギーニ・ウルスの、たったひとつだけ気になること

「これは欲しい」── 話題の「ウルス」の日本お披露目会場で、見た瞬間にそう思いました。同時に「これは売れるな」ともね。

だってメーカーのランボルギーニ曰く「世界初のスーパーSUV」ですよ。

ランボルギーニ初のターボ付きとなるV8 4.0Lエンジンは650Hpで最大トルクは850Nm。そして0-100km/h加速はわずか3.6秒、0-200km/h加速は12.8秒、最高速度305km/h(ずいぶん細かく刻んだなあ)という速さ。さすがスーパーSUV。

なにより魅力的だなと思うのはスタイルでしょう。ポルシェ・カイエンやBMW X5の登場以来〝速いSUV〟はそれなりに数が揃ったし、ベントレー・ベンティガのように〝凄いSUV〟だって生まれているけれど、こんな尖ったSUVは見たことがない。

まるでステルス戦闘機(最近のはもっと滑らかだけど)みたいな直線だらけのシャープなデザインは、いかにも今どきのランボルギーニ。そんな他のSUVとは違うオーラこそがウルスの真骨頂だと思っています。

全長は5112mm、全幅は2015mm(欧州仕様スペック)。そしてホイールベースは3003mmとまさかの3m超え! なんという巨体! そしてなんという存在感! まるで地上に降り立ったUFOみたい…というのは、ちょっと言いすぎ? でも街で見かけたらそのくらい目立つに違いない。

もうひとつウルスで注目すべき大きなポイントは、初の「日常で使えるランボルギーニ」だってことでしょう。

……と書くと「ウラカンだって使えるじゃないか? アヴェンタドールだって」と反論されそうなので言い訳しておくと、それらはムカシのスーパーカーと違って運転操作自体は簡単だけど、街乗りで使うには本当に気を遣う。

いちばん気を遣うのはちょっとした段差でも車体下部を擦りそうなことで、なかでもフロントバンパーの下についている空気の流れを整えるためのゴムが気を抜くと緩やかなスロープでも簡単に路面と接触。「ズズズッ」と音を立てるからそのたびにバンパーを擦ったのかと思って心臓が締め付けられそうになって、普通のクルマと同じように運転するとドライブで何度も生きた心地がしなくなるわけです。

でも、最低地上高もアプローチアングルもしっかり確保しているウルスならそんな心配は無縁。冗談抜きに寿命を縮めなくて済む。これは素晴らしい。

あと、運転でいえば斜め後方視界もウルスはウラカンやアヴェンタドールよりずっといいから、高速道路の合流なんかも神経使ったり、アクセルを踏み込んで走行車線を走っている前のクルマの前に出て本線に合流するようなこともしなくて済むしね。

『新車』の最新記事

【新車】新型ジープ・コンパスは「トランプ大統領に知られてはいけない」クルマ。その理由は?

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事