F1のグリッドガール廃止。日本の「レースクイーン」への影響を考える

すでにお伝えしたとおり1月31日にモータースポーツの最高峰であるフォーミュラー1(以下F1)は、公式サイトで「グリッドガールの廃止を決定する」というオフィシャルコメントを発表しましたが、日本への影響はあるのでしょうか。

F1が発表したグリッドガールの廃止ですが、多くの報道ではあたかも日本におけるレースクイーンと同じものだといわれていますが、実際は全くの別物であるといえます。

グリッドガールはF1を開催する現地プロモーターが選出もしくは採用する「スターティンググリッドにおいてチーム名、ゼッケン、選手名を書いたボードを掲出する」女性人員となります。

このプロモーターが選出もしくは採用し、ボード掲出を行う人員という名目のグリッドガールは、現在の日本の国内レースでは存在しません。同じ役割をする人員はグリッドキッズとしてレースに観戦に来た子供たちのうちの希望者から抽選などで選出され、スターティンググリッドでのボード掲出を行います。

国内のレースで唯一女性がグリッドボードを掲出するカテゴリーにSUPER GTがありますが、これもプロモーターやレース主催者が選出しているわけではなく、チームもしくはチームのスポンサーが選出し採用しているので、F1で言うところのグリッドガールとはカテゴリーそのものが違います。