「グリルが無い」MINI。初のEV市販型プロトタイプを輸送中にキャッチ

MINIは2017年のフランクフルトモーターショーにてEV『エレクトリック コンセプト』を公開しましたが、その市販型プロトタイプを輸送中に激写しました。

2008年には、実験車両的な電気自動車『MINI E』が発表しましたが、高性能な本格EVは同ブランド初となり注目を集めています。

駆動方式はFRで、パワートレインはBMW「i3」のEVテクノロジーが流用されます。最高出力170ps、最大トルクは250Nmを発揮、0-100km/hm加速は7.3秒のパフォーマンス発揮します。一度の充電による航続は400kmを目指し開発が進んでおり、急速充電では、約40分で最大80%の充電を可能にするとレポートされています。

捉えた3ドアハッチバックのテストミュールには、ボディ側面に「Electric Test Vehicle」(電気テスト車両)のステッカーが貼られ、六角ラジエーターグリルは閉じられている「グリルレス」です。EVは僅かなエアーで冷却可能なためだ。そしてエキゾーストパイプレスのリアエンドも見て取れます。

2019年の発売を見添え、2018年秋のワールドプレミアが予想されています。

(APOLLO)