フェルナンド・アロンソ、TOYOTA GAZOORACINGからルマン24Hに参戦!

1月30日、トヨタはGAZOO RACINGより2018-19世界耐久選手権に 2005,6年のF1ワールドチャンピオン、フェルナンド・アロンソ選手が参戦することを発表しました。

アロンソ選手は1月25日から28日にフロリダ(アメリカ)で開催されたデイトナ24時間レースに参加すると、レース後には今年のル・マン24時間レースへの参戦は「60:40で参戦の方向」と語っていましたが、今回参戦が実現しました。

今シーズン、アロンソ選手はセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴の両選手とTS-050 Hibridの8号車を走らせます。なお、2018シーズンのF1グランプリと重複しないレース全戦への参加が予定されています。

発表に際してアロンソ選手は、

「初めてル・マン24時間レースに参加することに非常に興奮しています。 長い間参戦をの野望を温めていたレースでした。 耐久レースはフォーミュラーとは異なる分野ですが、デイトナで初めて堪能しました。セバスチャンとカズキは非常に経験豊かな耐久ドライバーで一緒に働き、2人から学びたいと思っています。短時間での修得を要求されるでしょうが、この挑戦を待ちきれません。」

とコメントしています。

(川崎BASE)

『F1』の最新記事

【F1日本GP2018】鈴鹿サーキットを歩き回ってF1マシンを完成させる?F1公認「Fomula1×リアル謎解きゲーム~伝説のF1マシンの謎を解け~」が面白い!
【F1日本GP2018】かっこよすぎて困っちゃう!応援するチームのデザインが選べる「F1鈴鹿30回記念アニバーサリーチケット」の購入は7月末まで
F1のグリッドガール廃止。日本の「レースクイーン」への影響を考える
F1がグリッドガールを廃止決定!それってどういうことなの?
ホンダF1トップ2への直撃取材を掲載!トロロッソ・ホンダの強みとは?【F1速報×F1女子~2018年オフシーズン情報号~】