【東京オートサロン2018】話題の新型車にアウトドアテイストを強めたカスタマイズが注目のスズキブース

2017年の年末に軽スーパーハイトワゴンのスペーシア、そしてSUVとハイトワゴンのクロスオーバーモデルのクロスビーと、矢継ぎ早に新型車を登場させたスズキ。今回のオートサロンはこれらの新型車が展示車の中心となっています。

今回のスズキブースのテーマはアウトドア。スペーシアは高い積載能力や広い室内空間が特徴のスーパーハイトワゴンにキャンピングスタイルをミックスしたスペーシアTALL CAMPERを出展。家族や仲間と週末キャンプや野外イベントに出かけたくなるコンセプトモデルです。

クロスビーはウィンタースポーツをもっとアクティブに、自由に楽しみたい人に向けて作られたのが、クロスビーウィンターアドベンチャー。ブルーの迷彩柄のボディがアクティブで個性的なカスタマイズを主張しています。

軽トラックのキャリーをベースに釣り人が使いやすいようにカスタマイズしたのが、キャリーフィッシングギアです。キャビンを拡大し、収納力やドライバーの快適性をアップ。大切な道具を荷台にも室内にも機能的に収納が可能となっています。

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ヴェルファイアがピックアップに!驚きのカスタマイズを実行したNATSの学生たち
【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R
【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事