【クリッカーオブザイヤー2017】次期愛車の有力候補!?に浮上した「日産・リーフ」に10点

その年に出たクルマの中からNo.1を決めるclcccar of the year(以下クリッカーオブザイヤー)。今回も選考委員を担当させていただきました萩原文博です。

今回のクリッカーオブザイヤーの点数を決めた理由は約8カ月後に買い替えの迫った愛車候補です。2017年に登場したクルマで買いたいと思ったクルマは一体何になったのでしょう。

まず購入できるクルマに条件があります。予算はもちろんですが、自宅マンションの立体駐車場に入ることです。停めることのできるクルマのボディサイズに全幅1800mm(1820mmまでOK)、全高1550mmと制約があり、これだけで多くの車種が除外されてしまうのです。

現在はスバル・XVハイブリッドに乗っていますが、ボディサイズはほぼ同じ。欲を言えばカメラの機材を積むので広いラゲージルームが希望です。そのようなポイントで私が2017年クリッカーオブザイヤーで10点を入れたのは「日産・リーフ」です。

現行型リーフは初代リーフとプラットフォームが共通なので、全長4480mm×全幅1790mm×全高1540mmと駐車場の条件をクリア。気になる荷室は若干狭くなるのですが、これをカバーしてくれるのが、リーフの走行性能や先進性です。

110kWへの高出力化されたモーター、そして新型インバーターによる細やかな制御によるリーフの走りはEVらしい鋭い加速力に磨きが掛かっていて、翌日に試乗した高級セダンの加速が鈍いと感じるほど。さらに静粛性もその高級セダンに劣らないレベルを実現しています。

先進性はいわずもがな、アクセルペダルだけで速度をコントロールできるeペダル、部分自動運転のサワリを体験できる運転支援システムのプロパイロット。そしてボタン操作だけで、難しい縦列駐車や後ろ向き駐車が簡単にできてしまうプロパイロットパーキングと満載です。運転の煩わしさから解放してくれる嬉しい装備とも言えます。

『クリッカーオブザイヤー』の最新記事
【クリッカー・オブ・ザ・イヤー2018】読者投票スタート!! 今年の投票者プレゼントは東京オートサロン2019入場券
【クリッカー・オブ・ザ・イヤー2017】2017年の大賞を獲得したのは「日産・リーフ」
【クリッカー・オブ・ザ・イヤー2017】検索ワード賞は「ステップワゴン ハイブリッド」。トヨタGAZOOの元の意味を探す人も
【クリッカーオブザイヤー2017】クリッカー読者にもっとも支持されたのは「スズキ・スイフト/スイフトスポーツ」
【クリッカーオブザイヤー2017】2017年最も読まれた記事に与えられるMPV賞は「日産・リーフ」
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事