【ホンダ・シビック試乗】ライバルのアクセラ、インプレッサを一歩リードする居住性・積載性

ホンダ・シビックのホイールベースは、マツダ・アクセラと同じ2700mm。しかし、全長はシビック(ハッチバック)の方が全長は50mm長くなっています。ホイールベースが2670mmのSUBARUインプレッサスポーツと比べると60mm長く、25mmワイド。さらにシビック・セダンは全長4650mmと長めで、Cセグメントとはいってもかなり大柄。

ちなみに、欧州Cセグメントのベンチマークであるフォルクスワーゲン・ゴルフは全長4265mm、ホイールベース2635mmですから、シビックのボディはひと回り長くなっています。

マツダ・アクセラスポーツ、SUBARUインプレッサスポーツと比べると、ホンダ・シビックの運転席(前席)は、基本的な設計として低い位置に着座し、足をより前に伸ばして運転姿勢を決めるスポーティなポジション。

サイドビューからも分かるように、後ろに行くほど大きく下がっていくルーフラインがロー&ワイドのフォルムを強調している一方で、後席の居住性も気になります。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事