【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第23回 ・3つの「ワンダー」をコンパクトカーに。ホンダ・シビック(3代目)

80〜90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第23回は、3つの異なるボディと使い方を提案した革新的コンパクトに太鼓判です。

VW・ゴルフの大ヒットにより、FF 2BOXブームが訪れた80年代前半。そのゴルフに先駆けた初代の革新性を取り戻すべく、ルイ・アームストロングの歌声にとともに、まったく新しいコンセプトを打ち出したのが3代目シビックです。

ロングルーフの「エアロライナーシェイプ」は、3ドアボディで居住性と軽さ、空力すべてを満たし、かつ美しさを持つ手法。ピラー全体を見切りとしたコーダトロンカ風のリアが、他にない独自のスタイルを作ります。

「エアロウェッジ」と呼ばれる4ドアのボディは、大きなキャビンとラウンドしたリアガラスにより優れた居住性を表現。また、リアのハイデッキは広大なトランクスペースとともに、スポーティな佇まいを実現します。

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第26回・カジュアル、センス、クオリティを合理性で包んだ「街の遊撃手」。いすゞ・FFジェミニ(初代)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第25回 ・若手デザイナーが描いた90年代コンパクト。トヨタ・ターセル/コルサ/カローラⅡ(4代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第24回 ・80年代を模索したヨーロピアン・FFスポーツセダン。マツダ・カペラ(4代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第22回・一品モノのようなアートボディ。日産・シルビア(S13)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第21回・スポーティな走りの「天才タマゴ」。トヨタ・エスティマ(初代)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事