【新車】ホンダ・フリードに緑と赤の新色とハンズフリードアのオプション追加

2017年度上半期(4~9月)に51,652台を販売、登録車の新車販売ランキングでは5位、登録車のスライドドア車では人気ナンバーワンとなった「ホンダ・フリード」に2つの新色と、魅力的なディーラーオプションが追加されました。

3列シートの「フリード」、2列シートの「フリード+」それぞれに新採用されたボディカラーは「フォレストグリーン・パール」と「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」。一方、従来のカラーからはプレミアムディープロッソ・パールがカタログ落ちして、全9色となりました。

なお、新色はいずれも有料色。フォレストグリーン・パールは32,400円高、プレミアムクリスタルレッド・メタリックは54,000円高となっています。

ホンダのスライドドア車ではN-BOXやステップワゴンに次いで、オプションとして設定されたのが、足をかざすだけでリア左側パワースライドドアの開閉が可能となる「ハンズフリースライドドア」です。こちらはディーラーオプションとして設定、メーカー希望小売価格は29,160円(別途取り付け工賃が必要)となっています。

(山本晋也)

『ホンダ』の最新記事

【デトロイトショー2018】北米で発売される3代目インサイトは1.5リッター2モーターハイブリッドを初採用
【CES2018】ホンダがバッテリー交換型モビリティを提案、電動PCXは2018年内に市販と発表!
ホンダが中国へのEV投入に際し、アリババと「コネクテッドカー」技術で協業
中国市場で好調のホンダ、2018年に「ヴェゼル」ベースの新型EVを投入
3代目ホンダ・インサイトをデトロイトで初公開!アメリカで2018年夏にローンチ予定

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事