【LAオートショー2017】世界初の量産型可変圧縮比エンジンを搭載したインフィニティQX50がお披露目

2017年のロサンゼルスオートショーで披露されたインフィニティQX50は、新開発プラットフォームを採用し、FFベースの広々とした室内のほか、量産車では世界初となる可変圧縮比エンジン「VCターボ」の搭載がトピックスです。

この「VCターボ」エンジンの可変圧縮比技術は、ピストンの上死点位置をシームレスに変化させることが可能なマルチリンクシステムを活用し、最適な圧縮比に素早く可変させることができるそう。

これにより、2.0Lのターボ付きガソリンエンジンのパワーと、4気筒ディーゼルエンジンの特徴である力強いトルクと高い効率性を併せ持つとのこと。

インフィニティEXからQX50と名前を変えた同SUVは、かつて日本でも発売されていたスカイライン クロスオーバーのブランド違いで、セグメントトップクラスという広い車内に高品質素材を採用。職人技を感じさせる落ち着いた雰囲気があるアシメトリーなレイアウトを実現した居心地のいいインテリアなどが提供されるとしています。

さらに新型インフィニティQX50には、高速道路の単一車線の自動運転技術である「プロパイロット」も搭載されます。日本で新型スカイライン クロスオーバーとして復活を果たすかは現時点では分かりませんが、写真からも分かるように流麗なSUVクロスオーバースタイルと、先代スカイライン クロスオーバーの課題であった室内が広くなり、可変圧縮比技術をもつターボエンジンが搭載されれば、注目を集めるのは間違いないでしょう。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事