【東京モーターショー2017】 おっさんの心を鷲掴みにしたダイハツの意欲的小型車「DNコンパーノ」

軽自動車だけでなく、登録車への再参入をめざすダイハツがメインターンテーブルに展示したのが、DNコンパーノと名付けられたコンセプトモデルです。

「コンパーノ」という名前は1963年に登場したモデルに使われていました。コンパーノはライトバン、ワゴン、セダンが設定されました。

今回、コンセプトモデルとして展示されたものは、4ドアのクーペという位置づけが行われました。かつてのセダンモデルはコンパーノ・ベルリーナと呼ばれていました。ベルリーナとはベルリネッタ、つまりセダンを示す言葉ですから、今回のモデルはコンパーノ・クーペという呼び方になるかもしれません。そもそもベルリーナも最初は2ドアセダンだったので、それも面白いかもしれません。

フロントまわりで目を引くのは縦桟の大きなグリルで、このグリルがクラシカルな印象を高めています。サイドスタイルはアウディTTを彷彿とさせる流麗なラインと、フロントフェンダーからリヤフェンダーに続くプレスラインが特徴的になっています。

DNコンパーノには1リットルのガソリンターボエンジン、もしくは1.2リットルのハイブリッドが搭載されます。

私と同年代となる50歳前後のハートはバッチリつかんだようで、多くの同業者が絶賛していますが、私たちよりも上の世代はちょっと厳しい評価が多かったようです。それはきっと、初代のコンパーノ・ベルリーナに対する思い入れが大きいからなのでしょう。

(諸星陽一)

『東京モーターショー2017』の最新記事
【東京モーターショー2017】「隠れXV」アイコンに込められた意味とは? XV FUN ADVENTURE CONCEPTを徹底チェック!
【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】番外編・デザイナーの妄想を全開にした、いすゞ FD-Si
海外勢の「にわか電動化」に翻弄されない日本流のEV戦略とは?【東京モーターショー2017】
スズキ スペーシア コンセプトは愛着のある道具【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】
【東京モーターショー2017】MAZDAが2台のコンセプトカーに凝縮させた「日本古来の引き算の美学」とは?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事