NHK徳島が痛車ならぬ「痛中継車」を製作!イベント「マチ★アソビ」で披露

「より親しまれる放送局」を目指してNHK徳島放送局が製作したアニメ・ラッピング仕様の「痛中継車」が話題になっています。

徳島県では毎年5月と10月の2回に渡って一大イベント「マチ★アソビ」を開催しており、全国から5万人を超えるアニメファンが集まるそうです。

同局ではこのイベントに合わせてアニメ原画などを展示する「NHKアニメ館ひろば」を併催。その目玉コンテンツとして「マチ★アソビ」で人気が高い痛車の展示をヒントに、「痛中継車」を製作することにした模様。

お堅いイメージのNHKですが、日頃から接触する機会が少ない若者世代にも注目して欲しいとの思いから、中継車の前後や側面に同局のアナウンサーやキャスターをアニメキャラ化してラッピング。

イベント期間が終了した現在は通常の姿に戻したそうですが、今回SNSなどにおける反響が予想以上に大きかったことから、要望があればまた復活させる可能性もあるそうです。

NHK徳島放送局では、地域のイベントとの連携によりNHKを身近に感じてもらい、徳島の魅力を全国にPRすることで地域の活性化に貢献し、より親しまれる放送局を目指したいとしています。

Avanti Yasunori・画像:NHK徳島)

【関連リンク】

NHK徳島放送局
http://www.nhk.or.jp/tokushima/

徳島県主催「マチ★アソビ」
http://www.machiasobi.com/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。