メルセデスAMG GT4レーサーに620馬力の最強ストリートモデル発売へ!

メルセデスAMGの最新レーシングカー『AMG GT4』のストリートモデル(市販版)となる高性能ロードカーを完全な姿で、カメラが初めて捉えました。

「AMG GT4」は、2016年に発売された「AMG GT R」をベースにしたGT3カテゴリ用のレーサーです。その心臓部には6速シーケンシャルボックスと組み合わされる、4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力510psを発揮します。

今回捉えたストリートモデルは一見「GT R」に見えますが、最大の違いはセンター出しとは異なる、左右2本出しエキゾーストパイプを装備。軽量化を図るため、リアウィンドウはポルシェ「GT2 RS」にも採用されているPerspex製アクリルガラスに変更されています。

パワートレインは、4リットルV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力は脅威の620ps程度まで向上させるようです。正式車名は未定ながら、『AMG GTブラックシリーズ』を名乗る可能性が高いことがわかっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?