【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第11回・前向きな割り切りが生んだ斬新ミニ。ホンダ・トゥデイ(初代)

80〜90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第11回は、パーソナルな用途をプラス方向に割り切った、スタイリッシュ・ミニに太鼓判です。

撤退していた軽市場への再参入を検討していたホンダが、1985年に女性をメインターゲットとする斬新なスタイルを商用に落とし込んで発表したのが初代のトゥデイです。

ホンダのMM思想を具現する超ショートノーズは、フェラーリ308GTBと同じ角度のAピラーと一直線に結ばれ、ペンタストリーム・シェイプと呼ばれるワンモーションフォルムを実現。

軽規格とは思えない、伸びやかなウインドウグラフィックが低全高を強調。ただ、サイドビューでのキャビン形状は、2330ミリのロングホイールベースとともに、極めて現実的であることに驚かされます。