BMW i8クーペ/ロードスターに世界限定200台の「Ultimate Sophist Edition」を設定【新車】

●アルミホイールやトリムの専用色「E-コッパー」がスポーティな個性を際立たせる限定車

2019年9月5日、BMWのプラグインハイブリッドスポーツであるBMW i8クーペ/ロードスターに、特別限定車の「BMW i8 Ultimate Sophist Edition(アルティメット・ソフィスト・エディション)」が設定され、受注が開始されています。同モデルは、全世界で200台限定の先着販売です。

BMW i8
アルミホイールやトリムなどに専用色となる「E-コッパー」を採用した「BMW i8 Ultimate Sophist Edition」

BMWのサブブランド「BMW i」が与えられた、プラグインハイブリッドのBMW i8は、スポーツカーでありながらコンパクトカー並みの燃費性能と低排出ガスを実現する「eDrive(イードライブ)」や、電気自動車BMW i3とともに量産車として初めてCFRPをボディの基本骨格に採用するなど、革新的なスポーツカー。

BMW i8
BMW i8 Ultimate Sophist Editionのリヤビュー

同特別限定車は、BMW i8のスポーティかつオリジナリティあふれるデザインを際立たせるため、ボディカラーに「ソフィスト・グレー」を選択し、アルミホイールやトリムなどに専用色となる「E-コッパー」を採用。内装色にも、同じく「E-コッパー」を採用することで、内・外装をコーディネイト統すると共に、スポーティな個性を際立たせています。さらに、「Ultimate Sophisto Edition 1 of 200」と刻まれた限定バッヂが用意されています。

BMW i8
BMW i8 Ultimate Sophist Editionのシート

ハンドル位置は左右ともに設定され、価格は「BMW i8 Coupe Ultimate Sophisto Edition」が23,120,000円、「BMW i8 Roadster Ultimate Sophisto Edition」が24,530,000円。※消費税10%込み。

ノーマル仕様でも街中であまり遭遇しないBMW i8ですから、世界限定200台の特別仕様車となるとかなりレアな仕様になりそうです。

(塚田勝弘)

『BMW』の最新記事
BMW X1がマイナーチェンジ。存在感を増した顔つきになり、10.25インチタッチ式ディスプレイを搭載【新車】
「世界で最も黒い」というBMW X6。実車はどのくらい黒いのか?【フランクフルトモーターショー2019】
BMW M5の35周年を記念するモデルは日本限定10台。「BMW M5 35 Jahre Edition」が21,600,000円で登場
コンチネンタル・プレミアム・コンタクト・シックス
新型BMW X7の新車装着タイヤにコンチネンタルタイヤの「PremiumContact 6」が選定
【外車入門】BMW G310Rは普段使いもできる?お手頃中免外車を街で乗り回して検証!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事