電動化車両らしい安定感。MINI初のPHEV「MINIクーパー S E クロスオーバー ALL4」の走りをチェック

走りを前面に押し出したジョンクーパーワークス(JCW)の2.0Lガソリンターボという例外(?)をのぞき、2.0Lディーゼルターボを搭載している新型MINIクロスオーバー。

新たに加わった「MINIクーパー S E クロスオーバー ALL4」は、1.5L直列3気筒のガソリンターボにリヤを駆動するモーターを組み合わせた4WDのプラグインハイブリッドモデルです。

システムもスペックも「BMW 225xe アクティブ ツアラー」と同じで、MINIクロスオーバーはスペックだけでなく、価格面も含めてCセグメントモデルの中でも上級仕様という位置づけになっています。

EV(モーター)走行時は最長42.4km、最高速125km/hに達しますから、「理屈では」街中から高速道路までEV走行でまかなえることになります。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。