【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第6回・スバルの新時代を築いた世界戦略車。スバル・レガシィ(初代)

80〜90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第6回は、スバルが世界市場を念頭に新開発したセダンとワゴンに太鼓判です。

1989年、プロトタイプが10万km世界速度記録を樹立。その高性能を引っ提げ、まったく新しい国際戦略車を目指して登場したのが初代レガシィです。

ゆるやかにウエッジしたボディに、すべてのピラーをブラックアウトさせたキャビンを載せ、空力に有利なサッシュレスドアを採用することで、落ち着きと先進感を絶妙にブレンド。

一方、幅広で力強いショルダーラインにブリスターを巧妙に溶け込ませ、比較的スリムなボディに骨太さを加味、このクルマが世界基準であることをしっかり示します。

ワゴンは、リアにキャビンのボリューム感を持たせたプロポーションが新鮮で、厚みのあるルーフとともに、従来の国産ワゴンにはないダイナミックさを打ち出しました。

インテリアでは、操作類を大きく囲ったインパネが先進感と骨太感をうまくミックスさせ、丸味を意識し、たっぷりと量感を持たせたシートが高速走行時の緊張感を和らげます。

端正で均整のとれたスタイルは、杉本清チーフの元、のちにSVXを手掛けるG・ジウジアーロが、スケッチ段階まで参加したことが影響しているように感じられます。太いモールで引き締まったボディも同様に。

レガシィは、より洗練された2代目や4代目のデザインが評判ですが、それは初代が築いた、バランスよく骨太な提案があってのことなのです。

●主要諸元 スバル レガシィセダンRS(5MT)
型式 E-BC5
全長4510mm×全幅1690mm×全高1395mm
車両重量 1290kg
ホイールベース 2580mm
エンジン 1994cc 水平対向4気筒DOHC16バルブターボ
出力 220ps/6400rpm 27.5kg-m/4000rpm

(すぎもと たかよし)

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第38回・ダイナミックな走りを手に入れた「新しいビッグカー」。日産・セドリック・グロリア ハードトップ(7代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第37回・シェイプアップした「超感覚スポーツセダン」。日産・スカイライン(8代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第36回・ふたりのための「デュエットクルーザー」。ホンダ・バラードスポーツ CR-X
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第35回・初代フェスティバの高い志をつなぐ。マツダ・デミオ(初代)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第34回・欧州高性能車に挑んだスーパー・グラン・ツーリスモ。トヨタ・ソアラ(初代)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事