ホンダ・フィットの追従クルーズコントロールと車線維持ステアリングは進化した最新版

エンジンやトランスミッションを進化させ燃費性能を向上、さらに先進安全装備「ホンダセンシング」を幅広いグレードに設定した新型フィット。

ホンダのエントリーモデルとして、かつては日本で一番売れているクルマだったこともあるフィットが逆襲の狼煙を上げた、そう言いたくなるほど力の入ったビッグマイナーチェンジです。

ヘッドライト、フォグランプともLED化するなど新しいフロントマスクは、コンパクトカーとして十分以上に上質感を表現するもので、フロントグリル中央の立体感のあるHマークの後ろにはホンダセンシング用のミリ波レーダーが置かれています。

これまでミリ波レーダーをカバーするとエンブレムがのっぺりと見えることが少なくありませんでしたが、安全のためにデザイン性を犠牲にすることなく仕上げているあたりにも、今回のマイナーチェンジに力が入っている様が感じられます。

そうした作り込みが、もっとも感じられたのは「ホンダセンシング」の完成度でした。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。