「スマアシⅢ」搭載で安全装備が充実したミラ・イース。「DNGA」第一弾としての課題とは?

新型ミラ・イースは基本的にソフトな足まわりですが、高速道路でのレーンチェンジやコーナリング時でも安定感があり、都市部やバイパスなどのタウンユースであれば操縦安定性や快適性の面で大きな不満は出ないでしょう。

ミラ・イースを購入されるユーザーの多くは「日常のアシ」として使われると推測されますが、そう考えると非常に高い完成度ですし、「DNGA」第1弾としても恥ずかしくない出来映えです。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。