2016年度の世界販売、5万台差でVWがトヨタから首位奪取か?

トヨタ自動車(以下トヨタ)が4月27日、2016年度(2016年4月~2017年3月)の生産・販売台数実績を発表しました。

同社の世界生産は908万台(前年同期比+1.7%)で、内訳では国内生産が3年ぶりの前年増となる319万台(+0.5%)、海外生産は北米、中南米、欧州、アフリカで増加し、過去最高の589万台(+2.3%)となっています。

またダイハツ、日野を含むグループの世界総生産は1,040万台(+3.6%)で、国内生産は3年ぶり前年増となる411万台(+3.2%)、海外生産は過去最高となる629万台(+3.8%)の状況。

一方、世界販売台数は930万台(+1.5%)で、内訳は国内販売がC-HR等の新型車投入により、2年連続前年増となる164万台(+9.9%)、海外販売が766万台(‐0.1%)となっています。

また、グループによる国内販売は229万台(+7%)、海外販売が796万台(+0.1%)となっており、世界総販売台数は1,025万台(+1.6%)でした。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事