「ゴルフ」顔になった改良モデルを初スクープ! 新型VWティグアンは2020年3月登場?

■ヘッドライトやテールライトを再設計。「TIGUAN」の新ロゴも

VWのコンパクト・クロスオーバーSUV「ティグアン」の改良新型プロトタイプをスウェーデン北部の山中でカメラが捉えました。

VW ティグアン_002
VW ティグアン改良新型 プロトタイプ

ティグアンは兄貴分「トゥアレグ」の下に位置したSUVで、2006年に発表された「コンセプトA」が起源となっており、2008年に市販化されました。現行モデルとなる2代目は、2015年9月のフランクフルトモーターショーで初公開後、翌2016年から欧州で発売開始されています。

VW ティグアン_008
VW ティグアン改良新型 プロトタイプ

捉えたプロトタイプには、若干カモフラージュが残っているものの、新型「ゴルフ」と酷似したハーフカップ型LEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、テープで隠された下には上部に切れ上がるアウトラインも見てとれます。

エアインテークは大型化され、グリルやテールライトのグラフィックも再設計されるほか、テールゲートには、「TIGUAN」という最新のロゴが刻まれるといいます。

VW ティグアン_006
VW ティグアン改良新型 プロトタイプ

パワートレインは、よりクリーンな2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボをはじめ、1.4リットル直列4気筒ガソリンターボや、1.5リットルマイルドハイブリッド、さらに1.4リットル直列4気筒ターボ+電気モーターのプラグインハイブリッド「ティグアンGTE」のラインアップも予想されています。

ワールドプレミアの場は、最速で3月のジュネモーターショーと思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
レクサス NX_002
レクサス・NX次期型、ブランド史上最大となる14インチディスプレイを採用か?
シュコダ コディアック_004
シュコダ大型SUV「コディアック」改良型、3Dワイドグリルなどデザイン刷新
メルセデスAMG C53_004
今度はマイルドハイブリッドだ!メルセデスAMG C43/53ワゴンを初スクープ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事