おすすめ記事一覧

日産ノートe-POWERの「広さ」と「滑らかで反応のよい走り」の秘密とは?

2017/04/18 11:33 by   ニュース・新車, テクノロジー, マイナーチェンジ, 新車, 環境・エコ, 試乗, 追加モデル

日産ノートの美点のひとつに、後席やラゲッジの広さがあります。全長4100×全幅1695×全高1520mm、ホイールベース2600mmというコンパクトカーの中でも大きめのボディサイズの恩恵を感じさせる点。

日産が社内向けに行っている技術発表の「うんちく大会」がプレスにも披露され、いくつかのパートに分かれて開発におけるポイント、新発想が紹介されました。

「モーター駆動の走り」というパートでは、まず基本的なレイアウトからおさらい。冒頭で紹介したノートの美点を損なわずに、バッテリーを前席下に配置し、エンジン、ギヤボックス、駆動用モーター、発電用モーター、インバーターをすべてエンジンコンパートメント内に収めています。これによりガソリン車同様の居住性を確保。




あなたにおすすめの記事