おすすめ記事一覧

「R35型」日産GT-R、デビュー後10年の深化を読み解く!

2017/04/03 11:33 by   ニュース・新車, モータースポーツ, チューニング, テクノロジー, 映像・動画, 新車

日産自動車(以下日産)が現行の6代目「R35型GT-R」を発売したのは、遡ること約10年前の2007年12月のことでした。

2000年に先行開発がスタートし、東京モーターショー2001にコンセプトモデルが登場。ヘッドランプからバンパー下方までをブラックアウトする意匠アイデアは斬新で、2017年モデルに通じるものがあります。

 

その反面、後部はまだ熟成過程といった印象が拭えませんでした。

2004年になると、水野和敏氏をトップに開発が本格化。東京モーターショー2005にプロトタイプが出展され、その2年後に「R35型GT-R」がデビューしています。

前方配置のエンジンから重量物であるトランスミッション本体を切り離し、車両後方に配置することで前後重量配分を最適化しているのが大きな特徴です。




あなたにおすすめの記事