韓国からホンダ・シビックへ刺客!ヒュンダイi30に第3のモデル「ファストバック」投入

韓国ヒュンダイのCセグメント・コンパクト「i30」に、新たな派生モデルとなる「ファストバック」スタイルの試作車をカメラが捉えました。

2016年9月のパリモーターショーで「i30 5ドアハッチバック」新型を公開し、2017年3月ジュネーブモーターショーでは「i30 CW(エステート)」を発表しており、これが「i30」第3のモデルとなります。

エステートの実用性と、ハッチバックのスポーツテイストを融合させ、滑らかで流れるようなルーフラインを持ち、ホンダ新型シビック5ドアを直接のライバルとするようです。

パワートレインはハッチバックと同じく、140psを発揮する1.4リットル直列4気筒ガソリンエンジン、95psから135psを発揮する3種類の1.6リットル直列4気筒ディーゼルエンジンがラインナップされます。

アクティブ・セーフティシステムのほか、衝突警告システム、スマートクルーズコントロール、レーンキープアシストなどのハイテク装備も満載で、早ければ2017年9月のフランクフルトモーターショーでお披露目される可能性があります。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事