ルノー・カングーベースのキャンピングカーが登場【ジャパン キャンピングカーショー2017】

2月2日から5日まで幕張メッセで開催された「ジャパン キャンピングカーショー2017」。定番化している軽キャンパー、そして軽よりもひと回り大きなコンパクトタイプも人気を集めていました。

中でも主役で王道といえるのが、ハイエースを中心としたバンコン(バンコンバージョン)。バンコンといっても先述したコンパクトタイプ(トヨタ・ライトエースや日産NV200バネット)からハイエース、NV350キャラバンまで数多くあります。

最近は、こうした商用バン(ワゴンもある)をベースとしたバンコンだけでなく、乗用ミニバンをキャンピングカーに仕立てたモデルも人気を集めています。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。