ボルボV40に299万円の「T2 Kinetic」を追加。11種類の安全装備「インテリセーフ」標準装備!

フォルクスワーゲン・ゴルフやメルセデス・ベンツAクラスなど、エントリーグレードの価格を300万円以下とすることでインパクトを与える戦略がCセグメントでは珍しくなくなっています(ゴルフは249万円〜、Aクラスは298万円〜)。

volvo_v40_4

ボルボV40は、日本における同ブランドの最量販モデルで、クーペルックのスタイリッシュなフォルム、充実の安全装備が魅力。歩行者エアバッグや歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システムなどをいち早く採り入れています。

ボルボはエントリーグレードであっても安全装備に手を抜かないのが哲学ですから、装備をみていくと十分に納得できる価格設定とはいえ、価格が上積みされてしまうのは仕方ないところ。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事