新型プリウスのカスタマイズが東京オートサロン2016に出展! 1月15日(金)からトヨタモデリスタブースにて

ジングルベル、ジングルベル、オートサロン。
というわけで、クリスマスが終わり、新年を迎えてお正月が明けたらもう東京オートサロンの時期がやってきます。来年の開催は1月15日(金)に特別公開がはじまり、16日(土)と17日(日)が一般公開日。場所はいつもの幕張メッセです。

そんな東京オートサロン2016で注目したいことのひとつが、プリウスのカスタマイズカー。先日登場した新型も爆発的ヒット確実なので、各アフターパーツメーカーやショップだって気になる存在。もしかしたら会場内でカスタマイズプリウスを何台か見ることができるかもしれません。
MODELLSITA_BOOTH1
そんななか、いち早く新型プリウスのカスタマイズモデルを東京オートサロンに出展することを表明したのがトヨタモデリスタ。トヨタ直系のカスタマイズファクトリーである同社はすでにエアロパーツの開発を終え、早くも発売したアイテムはトヨタのオプションカタログにも記載されています。

モデリスタのプリウス用スタイリングパーツは2タイプ。エッジを強調し個性的を強める「アイコニックスタイル」とスマートな面構成で上品なテイストを醸す「アップグレードスタイル」を好みに応じて選ぶことができるのです。
PRIUS MODELLISTA-ICONIC-PRIUS MODELLISTA-UP-GRADE-

実はモデリスタの新型プリウス用エアロパーツは、実車装着の姿では公開されておらず東京オートサロン2016が実質的なお披露目。自分の目でしっかりとチェックしたい人も、もうオーダー済みだけど見ておきたい人も、エアロパーツ選びに迷っている人もモデリスタブースへGo!ですよ。

そうそう、モデリスタブースに展示させる注目モデルはプリウスだけではないのでした。レクサスが今年発売した最新SUV「RX」と「LX」もモデリスタカスタマイズパーツを装着して展示。これも楽しみです。
RX F SPORT PARTS(MODELLISTA) LX(MODELLISTA)

そしてもう1台。みなさんはアルファードをベースに2列シート化し、広いスペースに最高級のシートを装着するなど贅をつくし約1400万円からのプライスタグを掲げている「アルファードロイヤルラウンジ」をご存知でしょうか。その実車、しかも上級仕様の「ロイヤルラウンジSP」も展示されるとか。東京モーターショーですら展示されていなかった究極のアルファード、見たいですよね? ぜひここで見ておきましょう。実車展示のほか、単体で置いたシートへの着座体験もできるそうですよ。これは座って極上の快適性を体感しておかないと!
RoyalLounge_SP

(工藤貴宏)

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。