【東京オートサロン2017】エンケイブースは最新モデルだけでなく、過去の名作の進化版にも注目!

マクラーレン650が展示されている東京オートサロン2017のエンケイホイールブース。

そのマクラーレンに装着されているのが専用開発されたエンケイの新製品WPS RE130。この商品はツーリングカーの最高峰であるスーパーGTで装着されていたデザインをルーツとしていて、最新の加工技術により削り出された6本ツインスポークのアルミホイールです。

002

WPSはアルミホイールを知り尽くしたエンケイ各製造部門の精鋭が集まり結成された最新のファクトリー。最先端の加工マシンとテクノロジーに匠の技が融合され、更なるプレミアム性をまとった鍛造削り出しのアルミホイールが特徴です。

004 003

ホイールサイズもマクラーレンにマッチしたフロント用19インチ8 1/2Jとリア用20インチ11Jの2サイズしかラインアップしていないというこだわり。重量は19インチが9.8kg、20インチが12.3kgという軽量を実現しています。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事