トップ5に動きなし。2016年11月の軽自動車セールスランキング発表

2016年11月の軽自動車(四輪車)の販売ランキングが全国軽自動車協会連合会より発表されました。前月同様、ホンダN-BOXがトップで、キャンバスを追加したダイハツ・ムーヴが2位、タントが続くというトップ3となっています。

nboxcustom2tone

4位のデイズ、5位のアルトも前月同様で、多少の順位は入れ替わっていますがトップ10の顔ぶれに変化はありません。

●2016年11月 軽乗用車販売ランキング(軽自協調べ・速報)
1位 ホンダ N-BOX 14,813台
2位 ダイハツ ムーヴ 13,201台
3位 ダイハツ タント 10,279台
4位 日産 デイズ 7,705台
5位 スズキ アルト 7,237台
6位 ホンダ N-WGN 6,736台
7位 スズキ ハスラー 5,970台
8位 スズキ スペーシア 5,970台
9位 スズキ ワゴンR 5,825台
10位 ダイハツ ミラ 5,241台

注目は、マイナーチェンジでステレオカメラの先進安全装備「スマートアシストIII」を初搭載したタントでしょう。歩行者を検知するという軽自動車としては高機能なプリクラッシュブレーキを、スズキの「デュアルカメラブレーキサポート」につづいて採用した効果が、12月のセールスランキングにどのように影響するのでしょうか。

なお、軽四輪車全体の新車販売台数は14万4560台で、前月比106.4%、前年同期比97.0%。増税などの影響で軽自動車離れと言われていましたが、すでに底を打って、上昇傾向にあるといえそうです。

また、トップ10ランク外でのトピックスとしては、長らくバックオーダーを抱えていたホンダS660の月販台数は531台と前月比55.7%、前年同期比56.0%と落ち着いてきたのも注目です。

(山本晋也)

【関連記事】

ダイハツ・タントがマイナーチェンジ、ステレオカメラの衝突被害軽減ブレーキを新搭載!
https://clicccar.com/2016/12/01/422219/

ムーヴの躍進で2016年10月の軽自動車セールスランキングに動きあり?
https://clicccar.com/2016/11/08/414924/

丸みを帯びたデザインの「ムーヴ キャンバス」登場。価格は118万8000円から
https://clicccar.com/2016/09/07/397977/

ホンダN-BOXスラッシュが一部改良。アウトドア風味のインテリアを新設定
https://clicccar.com/2016/09/17/399845/

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事