新たな一面を発見!? アロンソはイタズラ好き?【F1女子のHonda Racing THANKS DAY2016】

■McLaren-Hondaトークショー

白熱のカート大会が終わり、続いてトークショーに登場したアロンソ選手とバンドーン選手。ドライバー達は分刻みのスケジュールで大忙しです。

cimg0113 cimg0116

2人を一目見ようと、ステージの前には多くのファンの方が集まっていました。トークショーのステージはお客さんとの距離がとっても近いんです! こんなに近くでドライバーを見て、ドキドキした方たくさんいたのではないでしょうか。

cimg0147 cimg0146

アロンソ選手とバトン選手の似顔絵が書いてあるボードを持っている方を発見。なんとこちらの似顔絵、手書きなんだそうです。2人ともそっくり! ミドルネームまで書いてあるところが、最高です!!

cimg0123

バンドーン選手が話している最中、何かを見つめているアロンソ選手。アロンソ選手の視線の先にあったものは……。

cimg0133

ツインリンクもてぎの名物「メガシップラインつばさ」。上空を移動する姿に興味深々でした。アロンソ選手が乗っている姿をぜひ見てみたい! 来年やってくれないかなーなんて妄想しちゃいました。

cimg0129

トークショー中のアロンソ選手は超自由。バンドーン選手が話している最中にまたしてもスマートフォンで撮影していたのですが、バンドーン選手のアップを撮りまくっていました。これにはバンドーン選手も思わず笑みがこぼれます。

cimg0136 cimg0140

さらにさらに、マイクのヘッドをクルクル回すアロンソ選手。そんなに回してたら外れちゃうよーと心配していた矢先、取れました。マイクのヘッド。ニンマリ顔のアロンソ選手はいたずらが成功した子供のよう。司会者に注意され、ちゃんと元に戻し「喋れるよ!」と満足そうでしたよ。

cimg0137 cimg0139 cimg0126

レース後の記者会見など、話しをしていないドライバーを見るのが密かな楽しみの私。今回のトークショーでも、アロンソ選手に笑わせてもらいました。

カート大会やトークショーで真面目に取り組むバンドーン選手に対し、少しおふざけしちゃうアロンソ選手のギャップがまた良いですよね。ドライバー達の新たな一面を見る事ができるのも、このイベントだからこそ!

すでに大満足な時間を過ごしましたが、Honda Racing THANKS DAYはまだまだ続きます。午後は、いよいよジェンソン・バトン選手も登場します! お楽しみに!!

(yuri)

この記事の著者

yuri

yuri 近影
2006年のF1日本GPを観に行ってから、どっぷりF1&ジェンソン・バトンにはまってしまったF1女子。F1が大好きですが、クルマの運転は下手(小林編集長お墨付き)、メカニズムも苦手、だけどドライバーの知識と愛だけは自信あり! もっと気軽にF1を楽しんでもらいたい、好きになってもらいたいという気持ちで執筆活動をしています。趣味はバトンの追っかけと、F1海外観戦。現在は新米ママとして子育てに奮闘しながら、のんびり記事を更新中。あたたかーい目で見守っていただけると嬉しいです。